岡崎市のエクステリア・リフォームならコンストラクターマキ工務店 | TOPに戻る
愛知県岡崎市を中心に、安城市、豊田市、豊川市、豊橋市などお伺いしております。

コンストラクターマキ工務店の6つの安心|選ばれる理由

6つの安心

constructor-maki SECURE

6つの安心の写真

確かな技術で、安心の環境を作りたい。
constructorマキ工務店は、6つの安心をお約束します。

  • 緻密な設計を支える知識と技術

    POINT 01

    緻密な設計を支える知識と技術

    安全を得るためには、現場の状況を調査した後、その現場リスクを把握したうえで、 十分な対策を講じる必要があります。constructorマキ工務店は、 公共工事にも採用される厳しい安全基準での施工をお客様に提供しています。 安全に関する知識、技術は他に負けません。

  • 創業30年の実績

    POINT 02

    創業30年の実績

    岡崎市内(旧額田町)に創業して30年。 地域密着型の工務店として、高い技術と丁寧な施工でお客様からの信頼を得ています。 お客様のご要望をお聞きし、安全を考慮した設計を行っています。

  • 災害に備えた安心のエクステリア

    POINT 03

    災害に備えた安心のエクステリア

    南海トラフ巨大地震が発生する確率は、30年以内に70~80%と発表されています。
    このように、いつ起きてもおかしくない地震や、実際に岡崎市内でも起きた集中豪雨といった自然災害に備え、 被害を最小限に抑えるための、高品質で安心なエクステリアを設計、施工しています。

  • 住まいの困ったをすぐに解決

    POINT 04

    住まいの困ったをすぐに解決

    ご連絡いただければ、すぐに駆け付けます。
    どんな小さなことでも構いません。住まいのお悩みや不具合は何でもご相談ください。 利便性の高いエクステリアリフォームのご提案も行っています。
    ※即日のお伺いができない場合もございます。

  • リピート率90%は信頼の証

    POINT 05

    リピート率90%は信頼の証

    一度施工したお客様のリピート率は90%以上。 ほとんどのお客様から、小さなことや土地造成まで、再度ご相談いただきます。 この数字がconstructorマキ工務店に対するお客様からの評価と自負しております。
    強引な営業は行っておりません。ぜひ、お気軽にご相談ください。

  • 高度なコンクリート技術

    POINT 06

    高度なコンクリート技術

    コンクリートの取り扱いは安全性を考えるうえで非常に重要ですが、 知識がないと「良い工事」「悪い工事」の見分けが付きにくいものです。
    公共工事にも携わるconstructorマキ工務店なら、高度なコンクリート技術で、キレイなだけではなく、 耐久性に優れた強い外構をご提供します。

危険ブロック塀をなくしたい。安心して過ごせる環境を作るために。

ブロック塀は、プライバシーの確保や、防犯、防火のために非常に有効なものですが、 不十分な施工、経年劣化によるヒビ、割れなどがある場合、重大な事故に繋がる危険性を含んでいます。
危険ブロック塀は撤去や改修により、再度安全なものとなります。 安易に「大丈夫だろう」と素人判断はせず、私たちにご相談ください。 ブロック塀が安全な状況と判断した場合は、無理に工事を押し付けません。

高さ/厚さ/控え壁の有無/基礎傾きやヒビ/塀の中の鉄筋

基礎の判断は、プロにお任せください。

地中に基礎が埋まっている場合もあり、外見からはなかなか判断しづらいのが実状です。
高槻市のブロック塀倒壊事故では、

  • ・控え壁がないこと
  • ・内部にある接合筋の腐食
  • ・重ね継手(2つの鉄筋を1つに接合すること)を設けてはならない部分で使用したことによる強度の不足

などの指摘がありました。 (高槻市学校ブロック塀地震事故調査委員会からの答申及び調査報告書 参照)
constructorマキ工務店では、見た目の美しさだけではなく、安全性も考慮した提案を行っております。

ヒビ割れが見られるブロック塀

ヒビ割れが見られるブロック塀

腐食しているので、詳細な点検が必要です。

腐食しているので、詳細な点検が必要です。

「我が家のブロック塀は、安全なの?」
近年改めて問題視されている「危険なブロック塀」を見分けるための簡易チェックシートをご用意しました。
ダウンロードしたうえで、ぜひ確認してみてください。
 
ブロック塀安全チェックシート  
  • ・ブロック塀の下に鉄筋で補強されたコンクリートの基礎が無い
  • ・ブロック塀の高さが、敷地と道路の低い方の地盤から2.2m(11段相当)を超えている
  • ・ブロックの厚みが12cm未満である
  • ・ブロック塀の高さが、1.2mを超えている場合で3.4m以下ごとに控壁が設けられていない
  • ・外見上、劣化やひび割れ等が見られる
  • ・ブロック塀を敷地の土留として使っている
  • ・ブロック塀が傾いている
  • ・ブロック塀を造って15年以上経過している

該当するものが一つ以上ある場合は注意が必要です。
現地調査・相談等、無料で実施しております。お気軽にお問い合わせください。